みわの旅

旅猿が好き 旅が好き 空港が好き 日常から非日常へ チラ裏画伯の心は今日も空の上  

宝山寺に行ってみた!の巻

今日もお天気だったので、生駒山にでも行ってみようとなりまして…

行ってきました!


最寄駅からJR鶴橋駅まで行き近鉄に乗り換え生駒駅まで行きまして、ケーブルカーに乗り換えて生駒山山上へ。




f:id:miwanotabi:20191130210419j:plain

これに乗りまして


まず行ったのがこちら!




f:id:miwanotabi:20191130210256j:plain


写真では17時までとなってますが
今の時期は16時までです。





f:id:miwanotabi:20191130212136j:plain




f:id:miwanotabi:20191130210452j:plain

閑散としてますね〜。


f:id:miwanotabi:20191130210528j:plain



ご覧の通りあまり人は居ません。


なので、遊具に乗るのに待ち時間はゼロ

まぁ乗らないんだけどね。



小さい子供連れのファミリーが多かったですね。


穴場かもしれません。


お化け屋敷もありましたよ。


その前で「嫌だ〜!入らない!」と泣いてぐずる男の子をなだめてなんとか体験させようと頑張るママとお婆ちゃんが印象的でした。

「人間がお化けの格好してるだけだから怖くないよ!」って…

お婆ちゃんが言ってた…(笑)


そして、下りのケーブルカーに乗って
本日メインイベントの宝山寺へ。
 
いつものように
予備知識ゼロで。



f:id:miwanotabi:20191130211650j:plain




f:id:miwanotabi:20191130211711j:plain



宝山寺駅で降りたらすぐだと思っていたら、階段を登る登る。


で、途中、旅館などあるのですが
閉鎖されて入るお店もあったりして、
なんとも寂しい感じなんです。


とにかく人がまばら…


そして、てくてく階段を登ると


やっとついた宝山寺


f:id:miwanotabi:20191130212405j:plain




f:id:miwanotabi:20191130212433j:plain




[f:id:miwanotabi:20191130212544j:plain




f:id:miwanotabi:20191130212631j:plain



駅から参道を歩いていて、人はあまりいない、お店は閉まっている…

とかで、気持ちは下がっていたのですが、予想に反して、素晴らしかったんです。

重厚感溢れるお寺でした。

そして、参道に人は少なかったのですが、それは、ほとんどの人が車で来てたんですね。

そして、明日が(12月1日)厄除け大根を振る舞う日のようで…


その準備をされてました。


1日早かった!


でも、逆に混んでなくて、ゆっくり参拝出来たので良かったのかもしれません。


何故かというと、参拝している人、人、人が真剣そのものなんです。


願う時間が長いのです。


御経を唱えながら祈る人も多数でした。


詳しくは生駒聖天で調べてね。


めっちゃ詳しく書いてありますから。


商売繁盛とか、夫婦和合とか、ガネーシャとか、縁結びとか、そんなワードがたくさん出てきます。


あとね、奉賛金や永代浴油金と称する石柱の金額が半端ない!


五百万とかあるの…


目が点、2度見したわ!


スミマセン 下世話で。


で、男はつらいよのロケ地にもなったらしくて、


帰って来て見てみましたよ。(Huluで)


松坂慶子がマドンナの回の時で、浪速の恋の物語。


確かに出て来ました。

ストーリーとは殆ど関係なく唐突に出て来て宝山寺紹介のようでした。(笑)




f:id:miwanotabi:20191130223633j:plain



f:id:miwanotabi:20191130223649j:plain



以上です。



ご利益ありそうな、パワーを感じるお寺でした!


気持ちよかったです。


今日の午前0時から厄除け大根を振る舞うとの事なので、明日は参拝者でごった返すかもしれません。


お昼の1時までと書いてあったと思うので、早めに行かれる事をオススメします。


きっと何かいい事ありますよ!


みわの旅


続きます!


読んでね!

みわの旅再び!

皆様如何お過ごしですか?
ずいぶんとサボってました。
更新をね。


理由は特にない。


一度書くのをサボるとズルズル日が過ぎて行ったのでありました。


奈良に紅葉🍁を見に行ったりもしてました。


昨日は向田邦子さんのドラマ仕立ての生涯の番組を観てね…


泣いたりもしてました。


激しい人生だったんだなぁって。


余命半年と言われた癌も克服したかに
みえた矢先に飛行機事故で亡くなってしまう。


向田さんの人生がもう、小説だわ!


と思ったり…



んで、今日です。


あまりに天気☀が良くてね…


大阪城に来て読書中です。


気持ちいいよ〜。




f:id:miwanotabi:20191129123025j:plain


図書館で借りたやつ。




f:id:miwanotabi:20191129123058j:plain




遊びって大事ですね。




f:id:miwanotabi:20191129123154j:plain



f:id:miwanotabi:20191129123212j:plain




おっ!ベンチに座って本を読んでますと、お隣のベンチでも若い女性がスマホじゃなくて読書中。



そして、ちょっと離れたベンチでは、
年配のご夫婦(ミィトウだけど笑)が
お弁当持参で楽しそうです。


12月1日に大阪マラソンがあるので、
もちろんランナー多しです。



ザザザ〜!って音がするもんだから

何だ何だと思ってみたら



f:id:miwanotabi:20191129123911j:plain


いきなり、たくさんの鳥が飛んできました!


面白い!


最後にさり気なく報告しますね。


長男が9月に入籍しました。(職場の同僚)

すでに一緒に暮らしてます。

式は来年の秋!(東京で)

今流行りのリゾート婚にするのか?

と思ってましたが


2人で考えた末、ザ・結婚式の方に決めたようです。

若い2人令和の時代を楽しく生きていってほしいと、母は願います!


一人家族が増えました。(お嫁さんの事ね)

一緒に旅行するのが今度の夢になりました。


楽しみだ〜!



みわの旅!


続きます!


読んでね!

京都ぉ〜おおはら、さんぜんいん!に行ってみたの巻

台風19号

大変な被害をもたらした、台風19号も去り、皆様如何おすごしですか?

多くの河川の氾濫で、たくさんの犠牲者の方が出ましたね。(47河川、66名死亡)


河川が氾濫しそうな場合、いったいどこへ、避難したらいいのでしょうか?

避難所も浸水しそうだし、2階建てなら2階へ。

と、言うことでしょうか。


マンションの1階に住んでいた男性も亡くなっていますね。

車中泊生活

熊本地震の時、避難所生活を2〜3日と、

車中泊生活を1ヶ月経験しました。

日中は家で過ごし、夜寝る時に車に泊まるという生活でした。

余震がとにかく怖かったんです。

また、あの大きいのが来たら家が潰れると思い、家で寝る事は出来ませんでした。


区役所の駐車場に車を止めていました。

そういう人が多かったです。

テントを張っている人もいました。


あの時、キャンピングカーがついの棲家でもいいなあと、本気で考えました。


キャンピングカーなら、潰される事はないし、いつでも逃げれると。


しかし、今回のような河川の氾濫の場合はそれも無力であると感じました。

今回

被害にあった方の中には

一旦は救助されても、フックの掛け忘れで、ヘリコプターから、落下して亡くなられた77歳の女性もいらして、
とても苦しくなりました。

残念でなりません。

お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。





そんな中明るい話題と言えばラグビーワールドカップではないでしょうか?

日本代表の素晴らしい活躍、こちらまで誇らしくなりました。


もう、ここまで来たら

優勝しちゃえ!…なんて

思ったりもしてます。

NZのオールブラックスがいるのは勿論知ってますが、夢をみるのは自由だと…
(^^)v


素晴らしい試合のあった13日に京都ぉ〜
おおはら、さんぜんいん!


恋〜に破れたおん〜なが一人ぃ〜。




に行ってきました。

京阪電車出町柳駅下車

京都バスで大原へ。(30分位乗る)




f:id:miwanotabi:20191015131556j:plain
下車したバス停からてくてく歩く。
650㍍ほどあります。



f:id:miwanotabi:20191015131610j:plain
途中、カラフルな番傘あり。京都らしさが感じられます。



f:id:miwanotabi:20191015131626j:plain
着いた〜


f:id:miwanotabi:20191015131630j:plain





スタートが遅かったので着いたのは14時過ぎ…

お腹がペコペコです。


なので、門前で食べる事に




f:id:miwanotabi:20191015200647j:plain



f:id:miwanotabi:20191015200652j:plain



f:id:miwanotabi:20191015200702j:plain
ワタクシは湯葉うどんセット
主人はこれのそばセット
¥1150+税

京都らしく、薄味で美味しかったです。


f:id:miwanotabi:20191015200712j:plain
¥189+税
これは、冷凍のやつでして、チンが足らなくて、あんこが冷たかったです( •̀ㅁ•́;)




f:id:miwanotabi:20191015201557j:plain



f:id:miwanotabi:20191015201613j:plain




f:id:miwanotabi:20191015201710j:plain




f:id:miwanotabi:20191015201759j:plain

キュートなお地蔵様達

f:id:miwanotabi:20191015201806j:plain



f:id:miwanotabi:20191015201812j:plain



f:id:miwanotabi:20191015201817j:plain

元三大師おみくじ


ワタクシがここを訪れた1番の目的はこれ!

先日テレビ📺で比叡山の特集をやっていまして、そこで、おみくじの元祖と言われる比叡山横川の元三大師堂でのおみくじの作法なるものを見たのです。

予め電話で予約を入れて、予約日に行き、御坊様に相談事を言いまして、御坊様がくじを引き、書かれた内容をわかりやすく説明してくれるという、ことらしかったです。

1種のカウンセリングみたいでした。

TVでは、女性がパートで働いているが、正社員にしてくれないか、とその雇い主に言ったほうがよいか?
という質問でした。

そして、その雇い主は相談者の友人との事。

友人だから、言いにくいので助言が欲しくて来たようでした。


おみくじの結果は、勇気を出して言ってみましょうと、出たような。


その女性は背中を押してくれたみたいで嬉しい😄と喜んでいました。


f:id:miwanotabi:20191015202150j:plain


で、ワタクシもやってもらおうと思って、13日の午前中に予約の電話をしてみると、当たり前だけど、その日はいっぱい。

では、14日は?と尋ねると、法要があり、その日は予約を受け付けていないとの事。


で、同じ、元三大師のおみくじがあるという、三千院に行ったと言うわけです。

御坊様が引いて話をしてくれる、というのではないですが、普通のおみくじ同様
自分で引いて占います。¥100 


f:id:miwanotabi:20191015202102j:plain

結果はこれです。↑

小吉でした!('・ω・')


中身はまぁまぁじゃないでしょうか?


ちなみに、延暦寺の方は代金は明記されてませんが、千円払っている方が多いように思いました。検索結果です。



秋の三千院は清々しくて、と〜っても気持ち良かったです。


皆さんも足を運ばれては如何でしょう。


みわの旅。


つづきます。


読んでね!

ジャキちゃんは貰われて行きました…の巻

f:id:miwanotabi:20191001094126j:plain

ジャキちゃん貰われていく

ジャキちゃんのその後が気になってらっしった方もいらっしゃったと思います。



なかなか、記事をあげられず、ご心配おかけしました。(ジャキちゃんの)


申し訳ありませんでした。


色々、忙しくしてまして…


さてさて、お待ちかねのジャキちゃんのその後です。



9月21日の土曜のお昼過ぎにFさんから電話がありました。


お昼に姪ごさんと言われる方がいらっしゃいまして、籠に入れられて連れて行かれました。


電話したかったのですが、あっと言う間の出来事で連絡出来ずゴメンナサイ。


と…

 
突然来られたそうです。


来る日なども教えてもらえなかったので
仕方ありません。


鍵を預かっているFさんも来る日などの詳しい事は一切教えてもらえてないのです。


来られたら、鍵を開けてあげる。


それだけしか出来ないそうです。


その鍵はまだ、預かったままで、手許にあるけど、近いうちに大家さんに返す事になっているとおっしゃいました。


まだ、大家さんが来られてないとの事。


同じ区には住んでいるけど、ちょっと離れているらしいのです。

以上のことは、電話と、何度かFさんにお会いして知った事です。

その後9月24日にまた、お会いしてお話
しを伺いました。
 

ワタクシは、Fさんから、入院していると、それだけを最初に聞いた時、
借家のようなので、亡くなったら、ジャキちゃんの貰い手を探す時間が、今月いっぱいだと、焦りました。


それで、病院に行った時、どれ位持つのか…聞いていたのです。


あっけなく逝ってしまわれたのですが。

里親探し


そして、あちこちに電話をかけまくってなんとか、引き取ってもらう所を探したのです。



まず、かけたのが、区役所。


Fさんから、区(のような人)がジャキちゃんの写真を何枚か撮っていったと聞いていたので、


その課に繋がった時に、「すでに、連絡はいっていると思いますが、保護猫の事でお電話しています」

と、切り出しましたが…


「うちではないですねぇ…連絡は来ていません」
と、言われました。



詳しく、住所、氏名、ジャキちゃんの様子など、話しましたが、うちではないと
言われるだけ。


区は間違っていません。


じゃあ、誰が、写真を撮って行ったのでしょうか?


区の人と、言ったのはFさん。


しかし、そう、思っただけで、確かめた訳ではないので、おそらく、区の人ではない、誰か…

だったのだと思います。


あと、考えられるのは、地域包括支援センターあたり。


しかし、その時はそれは、思いつかず、


区役所の人の話しを聞くだけでした。


「連絡が行ってないなら、それで、構わないです。」

氏名、住所など、もう一度、正確に伝え、どうしたら良いかを聞くと…


ワンニャンセンターの事を教えてくれました。


毎週水曜日に保護猫の譲渡会がある事、22日の日曜日にもある事。


午前中にその場所まで連れて行き、午後4時に貰い手が決まらなかったら、再度こちらが引き取るか、

あとは、殺処分になる事。


そして、ただ連れて行けばいい訳ではなく、その猫の分かるだけ詳しい事を知らせなければならないのです。

アピールポイントを知らせて、譲渡会に来てくれた人々の気持ちをジャキちゃんに向ける。


流石に30年は生きていないでしょうが、
高齢なのは間違いないので、それだけでも、厳しいと言われました。


その区の人の話を聞いているうちに譲渡会での貰い手を見つけるのは厳しいだろうなぁと思うようになりました。


殺処分にならない為に、区に電話をしたのですが、聞けば聞くほど、殺処分になりそうで、これは、別の方法を考えなければと思うようになりました。


民間の団体もあると言われたので、そちらに相談する事にして、電話を切りました。


民間の団体の電話番号は、こちらではお教えする事は出来ないのです。
と、言う事だったので、こちらで、調べました。


検索をかけて、もう、上から順に電話をかけてみる作戦です。



しかし、結果は…


まず、中々繋がらない。



やっと繋がった電話では、うちには預けない方が猫にとって、幸せです。


と言われる始末。


それは、どういう事か?


と、言うと、その施設が人里離れた山奥にあり、はっきり言えば、捨てる感覚に近いそうです。


犬も一緒に預かっているので、その犬達が吠えてうるさく、その鳴き声に怯えて
何も食べなくなる猫が多いとの事。


そして、食べ物どころか、水も飲まなくなり、衰弱して死んで行くと言われるのですよ。(゜o゜;



そんな所に預ける訳には行かなくて…



そして、途方暮れていたら、Fさんからの最初の電話があったという訳です。

不思議な話し


まさに奇跡でした!


このタイミングで…


きっと、お婆ちゃんが何とかしてくれたんだと思います。



Fさんが不思議な話しをしてくれました。


お婆ちゃんが亡くなり、Fさんが、その後ジャキちゃんの世話のため、部屋に行くと…


やっと、懐いて来たジャキちゃんが

Fさんを通り越して(目線)

宙をジーッと見つめる時があるそうです。

きっと、心配したお婆ちゃんがそこに居て、ジャキちゃんだけに観えたのだと思います。



f:id:miwanotabi:20191001150549j:plain
お婆ちゃんがいなくなって、寂しそうなジャキちゃん

問題解決!

そして、

結果は、1番良い方法で解決したのです。


Fさんも、何一つ詳しい事は聞かされなかったそうです。


名前も、住所も年齢も。(貰い手の)


いくつ位の方でしたか?と聞くと40歳
位に見えたとおっしゃってました。


車で?


と聞くと、新幹線じゃなかろうかと言われてました。


広島の呉の出身とお婆ちゃんは言っていたので、多分だけど、そこからいらしたのでは…と言う事でした。


更に後日伺いまして、もう少し詳しく聞くと、


姪ごさんと言われる方はお二人で来られたそうです。


姉妹のように見えたそうです。


そして、安心材料なのですが


その、姪ごさんは猫を飼っているとのこと。


先住猫🐱がいるのです。


なので、猫を飼う事には、慣れていらっしゃると思うのですよね。


ジャキちゃんは賢くて、おとなししい猫なので、きっとうまく行くと思いました。
 

そして、その賢さを証明するお話しを聞きました。

賢いジャキちゃん!

お婆ちゃんとFさんはFさんのご主人と同じ所で働いていた、元同僚だそうでして、それが縁で今の場所へ越して来られたそうです。


それが4年ほど前の事。


越して来たばかりのお婆ちゃんとジャキちゃんは散歩に出かけます。


いつものスタイルです。


台車に箱を乗せて、その中にジャキちゃんが紐に繋がれて入る。



そして、2kmほど、歩いた所で、ジャキちゃんが逃げ出してしまったそうです。


紐はほどけて。



お婆ちゃんは高齢ですから、逃げたジャキちゃんを素早く追いかけるなんて出来なくて…


しばらくは、そこらへんを一生懸命探したのですが見つかりません。


仕方なく、家に戻ったそうです。


すると、その日のうちに引っ越したばかりの家に戻って来たではありませんか。


その時のお婆ちゃんの喜びようと言ったら。



前の家ではなく、引っ越して来たばかりの家に帰って来るなんて。Σ(゚Д゚)


相当賢いです!


だてに、長生きしてない!


エライ!


そんな、エピソードを聞かせてくれました。



そして、話しは貰われて行った当日に戻りますが、Fさんの息子さんが、姪ごさん達をタクシー乗り場まで案内されたそうです。

その後は駅まで行って、新幹線🚅じゃないかなぁとの事でした。


ジャキちゃんは、始終大人しく、最後に「ニャン!」と一声鳴いて貰われていったそうです。


先程、また、お婆ちゃんの家に行きました。


名前と住所の書いてあるシールは玄関に貼ったままで、まだ片付けてはありませんでした。


Fさんにもお会いしてお話しをしたのですが大家さんは今週土曜日にみえると言われてました。


玄関のサッシ越しにジャキちゃんが入っていたみかんの箱が透けて見えました。


来週には、それらも全て片付いてしまうのでしょう。


思い出す事があるのです。

スプライトのキャップについて


最後に会話した日の事を…


雨が降っていたので、返品交換しなかったスプライトの事を。


「お婆ちゃん、今回はこれで、我慢してね〜」
と言って渡したスプライト。


ワタクシのブログを読んでくれている友人と電話で話したのですが、この記事を読み思い出したと言って話してくれました。

実家に一人暮らしをされていているお父さんの介護をしていた時の事を。
(2年ほど前に亡くなられました)

彼女は車で10分程の距離に暮らしています。


同居はしていないけど、毎日通ってお世話をしていました。


お父さんが、炭酸を飲みたいと言うので、ペットボトル入りのスプライトやコーラを買って行くと、キャップを緩めといて…と言われるそうです。


炭酸だからと彼女が言っても、やはり、緩めに締めておいてと言われるそうです。


つまり、きつく閉まったキャップを開ける事は出来なかったのです。


現在、施設で暮らしているワタクシの母も、思えばそうでした。


キャップの開閉どころか、刺し身の入ったパックさえ、開けるのを苦手にしてました。


高齢になると、そんな、簡単と思える事も出来なくなるんだなぁと、今、わかると言うか、思い出したと言うか。



あの時、ワタクシはお婆ちゃんの目の前で、キュッと閉めるゼスチャーをしたのです。


反対の事をしていたのですよ。


あの時のお婆ちゃんの顔が忘れられなくて…


嫌な顔など1つも見せず、笑顔で「いいよ、いいよ」と言ってくれた顔。


お婆ちゃんは多分飲めない事を分かっていたはず。

それは、開ける力がないから。


ごめんよ〜お婆ちゃん


玄関の鍵を回せず、うずくまっていたお婆ちゃんが、スプライトのキャップを開けられるはずがない事に気がつかなかったワタクシ…



もう少し、気持ちに余裕があったなら、
気づいたかもしれなかったなぁ。


本当に飲みたかったのはカルピス。


お婆ちゃんが亡くなってから、買ったカルピス。


どこにお供えすると言うわけではないけれど、自分で作って飲んでみました。


グラスの中の氷がカランと、鳴りました。


お婆ちゃんが飲みたかったのはこれだよねと呟きながら。



家の玄関にあるこれも…

黄色いフクロウ!

f:id:miwanotabi:20191001150910j:plain



出会った頃に貰った、お婆ちゃん手作りのフクロウ。


「金運がよくなるよ〜!」って。


お婆ちゃん、まだ、効いてないんだけど(^_-)


あの世と言うのか天国と言うのか知らないけれど、効くように、念を送って下さいよ!


お婆ちゃん、ジャキちゃんは大丈夫だよ。


必ず、姪ごさんが大切にしてくれるから。



波乱万丈の人生!


お疲れ様でした。



みわの旅!


つづきます。


読んでね。


 
ジャキちゃんが無事貰われて行ったのは


お婆ちゃんの思いとブログを読んでくれている皆様の思いだったと思っています。


本当にありがとうございました。

みなっさあぁぁん!奇跡が、奇跡が!起きましたー!の巻

おはようございます!

ジャキちゃんのこれからを心配して下さっている方が多いと思います。


嬉しいっ!お知らせです。


引き取り手が見つかりました。


ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 


ここにきて、姪ごさんという方が現れたんです。


その方が面倒を見てくださる!



という事になりました。



昨日、万策尽きて、途方に暮れていました。


諦めてはいないけど、また、別の方法を考えなくてはならないなぁ。


と、思っていたら、


その時、携帯が鳴ったのです。


Fさんからでした。


「町会の人が姪ごさんに連絡を取ってくれました。そしたら、その方が引き取るります。」とおっしゃったと言うでは
ありませんか。



身内の方は、病院に結局来られてなくて
お葬式なども無かったと聞いていたので正直驚きました。


詳しい事は、まだ分かりませんが、
とにかく、ジャキちゃんの今後の目処が付きましたので、



それのご報告です。


今から仕事なので今回は、この嬉しいニュースだけですが、また、次回進展状況を載せますね。



心配して下さった皆様、


本当に本当にありがとうございました。



懐かしい出会いの場面のイラストで…

f:id:miwanotabi:20190512111958j:plain



f:id:miwanotabi:20190512115240j:plain



みわの旅!


つづきます。


読んでね!



今回は、ご報告まで〜

お婆ちゃんは…の巻



秋の気配を感じますね。

今、入院先の病院へお見舞いに行ってきました。


そして、ジャキちゃんに会って、お婆ちゃんのご近所さんの所へも寄って、帰ってきたところです。


3連休だったので、やっと今日、動き始めた所です。


結果から言います。

お婆ちゃんはお亡くなりになりました。


f:id:miwanotabi:20190917123543j:plain


ワタクシがお婆ちゃんが入院されたのを知ったのは3連休前の金曜の夕方です。


そして、先程、その事を知りました。(お亡くなりになった事)


土曜の午前中に行った時、身内ではないので病状の説明は出来ないと言われました。

それは、そうですね。

関係のない人に詳しく説明はしないでしょう。

それは仕方ありせん。


たくさんの管に繋がれたお婆ちゃんは
気管切開されていて、意識はありませんでした。

それでも、事情を話しました。

飼っている猫がいるのです。
その、世話を再びする事ができるようになりますか?

と。


無駄な質問だとは分かっていましたが

せめて、あと、どれ位持つのか…

その事を知りたくて聞いてみたのです。


「とても、世話をするのは無理です。」
あとは、察して下さい。

と、いう空気でした。


つまりは、時間の問題で亡くなると言う事…

そう、言われたと思いました。



それが、土曜日の出来事です。


そして、その日のうちに亡くなったのです。



ワタクシが来るのを待っていてくれたのかな?


頑張って、2週間生きていてくれたのかな?


「ジャキちゃんを頼んだよ」って。


そんな風に言われた気がしました。

区の人がやって来る。

  
お婆ちゃんの入院先の病院に行った後の土曜の話しです。

まず、ジャキちゃんの世話をしてくれているご近所さんのFさんに会いに行きました。
  
お婆ちゃんの病院での様子の報告と
入院前の事などを聞くために。


Fさんも、高齢で、足が悪く、お婆ちゃんの見舞いには行けないと、金曜日にワタクシが訪ねた時に言われてました。


別のご近所さんがお見舞いに行ったら、酸素マスクをしていて、意識は無かったと聞いているので、その姿を見るのが辛くて行けないとも言われました。


その時点でかなり、深刻な状況だとは感じていました。



ワタクシが見てきたままを話し、今後の猫の世話の事をどうするかと言う事を中心に話しました。


すると、市の人だか区の人だかが来て、ジャキちゃんの写真を撮って行ったと言うではありませんか!


そして、更に、こう言います。

「私がちゃんと、世話せんやったら、怒られる(お婆ちゃんに)」と泣きそうな顔で言われるのです。


(優しそうな女性なんです。Fさんは。)


すると、その区(の人って事にします。)の人は「大丈夫、ちゃんと世話してくれてましたよって、私達が言いますから」と。


安心しました。

その、やり取りを聞いて。

実際、ジャキちゃんにも会わせてもらって、益々安心しました。


部屋はゴミ屋敷と化してましたが、
エアコンは常に入った状態にしてくれていて、温度は快適てす。

トイレも、奇麗にしてくれていました。

餌も、ちゃんと食べてました。

水も。




f:id:miwanotabi:20190917134851j:plain



f:id:miwanotabi:20190917134900j:plain



そして、Fさんはジャキちゃんの年齢も区の人に言ったそうです。

30年以上生きている、昭和から生きていると。


ワタクシが聞いた事と同じでした。


でも、区の人は信じてくれなくて〜

との事。


猫でこんなに生きるはずがない、この毛の艶はもっと若いはずだと。


Fさんは、でも、「お婆ちゃんは餌も気をつけて、小松菜とか食べさせてましたよ。それに、よく、洗ってあげていましたよ。」と。


やはり、30年は信じてもらえなかったか〜とワタクシは納得です。


ワタクシも30年はない!と思ってますから。


でも、そんな事はどうでもいいのです。

お婆ちゃんがそう言うのならそれで。

まぁ、Fさんもそうなんですけどね。

聞いていたままを区の人に話しただけですから。(^^)


そう言うやり取りを聞いて、心が少し軽くなり、家に戻って来たのです。


電話をかけまくるも・・・


そして、電話をかけまくるのですが

土曜日なので、行政の方はつながらない。

休日案内の番号を見つけてかけるも

区役所の担当の課の番号を教えてくれるだけ。

そこが、休みで緊急を要するからかけているのにさ!(#・∀・)

全く使えない!


で、保護猫 大阪 とかで検索して、トップに出てくる所へかけてみると、羽曳野市の番号で、大阪市に相談して下さいと言う。


以上が土曜日の午前中の話しです。


そして、今日、行政が開いているので、再び、電話をかけまくっているところです。


区の人が写真を撮って行ったと言うことなので、すでに、連絡は行っていると思うのですが…

と切り出して。


みわの旅


つづきます。


読んでね。


お婆ちゃん、ジャキちゃんは任せて。

なんとか、なんとかするから。

安らかに眠ってね。

波乱万丈の人生、お疲れ様でした。

カルピス買っていってあげれんで

ごめんね…

玄関が開かない!の巻

石垣島から帰って来た週は予定が詰まっており、ジャキちゃんの所へは行けなかった。


それでも、あまり気にはしていなかった。


ヘルパーさんが入ると言う事を知り、安心もしていた。


たとえ、体力の落ちている姿を見ていても、そこまで、深刻には考えていなかった。


そして、都合のついた次の週の金曜の午後に様子を見に行ってみた。


すると…

玄関が開かない!


f:id:miwanotabi:20190915131356j:plain





こんな事は今までなかった。
いつもは、


自転車で角を曲がると、ジャキちゃんとお婆ちゃんが玄関外で腰掛けている姿を見かけた。


夕涼みをしているのだ。



f:id:miwanotabi:20190603221630j:plain
         ↑
        回想中

または、紐に繋がれたジャキちゃんが定位置のブロックの上で香箱座りをしていて、玄関上がり口にお婆ちゃんは横になっている。


と、言うのが定番だった。

f:id:miwanotabi:20190602111042j:plain
          ↑
         回想中


だけど、今回は違う…


あきらかに、何かが起きている。



胸騒ぎがした。


f:id:miwanotabi:20190915131356j:plain



現在進行形


この、記事のお話しは現在進行形です。



結果は見えていません。


ただ、深刻な状況であるという事だけは


お伝えします。


みわの旅。


つづきます。


読んでね。





明るく話しをまとめてみたいとは思うのですが…


祈りが通じますように…

ジャンプ猫ジャキちゃん、その後の巻

少しだけ涼しくなったと…
思いませんか?

昨日の夜、クーラー無しで寝ましたよ。

秋の気配感じ…ます。むりくり。


さて、ジャキちゃんの事です…


その後、気になっていた方も


いらっしゃるんじゃないかと…


そう、思ってました。


あの記事を書いたあと、ブログには
書いてませんでしたが(様子の事)、1〜2周間に1度位で、様子を見に行ってました。




お婆ちゃんの買ってきてほしいものを聞いて買って来ると言うような事をしておりました。


暑い日が続く、というか、暑い日しかない、毎日でしたので、熱中症が心配ですよね。

お婆ちゃんも猫も…


ある日、訪ねると、玄関外でうずくまる
お婆ちゃんに遭遇。


かかりつけの病院から帰って来たところで、


帰って来たはいいけど、鍵が開けられない


と言うでは、ありませんか!

鍵が回せない・・・


鍵穴に鍵を刺して、それを回せない
って、事らしいのです。


そこまで、体力が落ちていたんですね。


で、ワタクシが鍵を開けてやり、玄関を開けました。


ジャキちゃんが外に出ないように用心をしながらです。


そして、少しばかり、世間話などして、
様子を聞きますと。


明日から、ヘルパーさんが来てくれるようになった。


かかりつけの病院が、手続きをしてくれた!


と、嬉しそうに話してくれました。


そうですよね。


もっと早くに介護保険制度を利用しても


良かったくらいですね。(というか、利用していると思ってました。)


よく、ここまで1人と1匹で頑張って来られましたね。


ワタクシも、気が付いて、手続きの相談とかに乗って上げればよかったと、反省です。


しかし、


どこまで、口を出していいのか、わからないとこもあるし。


根掘り葉掘り聞くのも、気が引けるし。


お元気そうに見えていたのもあるのですが、さすがに、鍵を回す力がないと言うのは、かなり大変な状況です。


でも、安心しました。


ヘルパーさんが来てくれるようになったのだから。

スプライト


そして、その日、いつもの様に、何がほしいか聞いてみると、

スプライト!

と言われます。あと、いつものあずきバー


アイスコーヒーではなく、今日はスプライトなのね。


と念を押すワタクシ。



すると、大きくうなずくお婆ちゃん。

そして、アイスコーヒーの入っているあんなやつに入っているとゼスチャーで示すお婆ちゃん。


紙パックのそれ!です。


ワタクシは、?


と、少し気になったのですが、


ワタクシが知らないだけで、スーパーに行けば、紙パック仕様のスプライトがあるんだな…

と思いながら引き受けました。


炭酸だけど…気にしない!

炭酸が抜けるのを。(^.^;


しかし、買って来るのは2時間後位になりますよ。

他の用を済ませて来ますから。


と、そう伝え、お婆ちゃんとジャキちゃんの家を去りました。

止まない雨


別の用を済ませる頃、雨になりました。


f:id:miwanotabi:20190915131338j:plain


一軒目のスーパーにはありませんでした。


雨の止むのを待ちましたが、中々止みません。


本降りになって出て行く雨宿り


なんて、句を口ずさみながら


誰の句かは、知りませんが (^o^;


雨の中、2軒目のスーパーに向かいました。


自転車🚲です。


雨の予報だったかもしれませんが


見てなかった。

ぬかった…

ずぶ濡れ(´Д⊂ヽ


やはり、紙パック入りのスプライトはありません。


仕方ないので、1.5㍑のペットボトルのスプライトを購入しました。


あと、あずきバー


雨は降りつづきます。


日も暮れて、薄暗くなって来てます。


その中を走り、お婆ちゃんの家に急ぎます。


「買ってき来ましたよ〜。」


と、手渡すワタクシ。


すると…


「あれま!それじゃないわ〜!」


やっぱり…(/_;)ね。


ほしいのは、カルピスでした。


ちょっと似てると言えば似てるかも。


スプライトとカルピス

お婆ちゃんは言います。


「ゴメン、ゴメン。
わたしが間違っていた〜」と。


ワタクシも言います。

「今日は雨が降っているから、返品交換は行かないわ〜」と。

「今回はこれで、こらえてね〜」と


「もちろんやわ。大丈夫大丈夫!」


ありがとう、お婆ちゃん、そう言ってくれて。


そして、飲んだら、必ず冷蔵庫に保管する事。

そう言いながら、キャップをキュッとするゼスチャーをして見せた…

ワタクシでありました。


その時の光景が焼き付いてます。



f:id:miwanotabi:20190915155608j:plain




ワタクシの心に。




やっぱり、雨が降っていても、夕暮れでも


返品交換をしに、スーパーに戻れば良かったと。









その、数日後、ワタクシは石垣島に旅だったのです。






みわの旅。


つづきます!


読んでね。



その間の出来事でした。

ウミガメに出会ってしまいましたの巻

台風🌀一過


15号はとんでもなく、大きかったようですね。

亡くなられた方もいるようで、
とても、とても残念な事になりましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

来るのは分かっていても、どう、準備をしていいやら、具体的には分からないのが現状かもしれませんね。

水や食料の確保は当然できても、
土砂の回避とか、予想出来るのか?

そういったものが難しいと思いました。

昨年の北海道胆振東部地震の映像を見た時、それを強く感じました。


何処に逃げたらいいの?と、あれだけ広範囲で、土砂崩れになるなんて
予想出来ないのではないでしょうか?
(山が崩れたと言った方がピッタリ)

今回のニュース画像でも、ビルの足場が崩れるのを見ましたが、あれを、崩れないようにするのは、いったいどうしたらいいんだろうか?

と、思いましたよ。



関東の方は後始末が大変そうですね(:_;)

あと、停電も…

少しでも早くの復旧を祈っております。


関東は台風の影響で季節はずれの猛暑とも言っていますが、大阪も暑いですね。

連日(*_*)

9月だってのに…


と、言うわけで、少しでも凉しくなりますように、海の中の写真などあげていきます!


始まるよ〜!

みわの旅!


ホテルまでの送迎付で楽ちんです。

港に着いたら、ポイントまでは船で行きます。

これが飛ばすのなんのって!

もう、バナナボートとか乗ってる場合じゃないよ。

ジェットスキー並みの疾走です。

このツアーには前日、離島ターミナルで申し込んでおきました。

ウミガメシュノーケル
半日コースで1人¥7500です。



f:id:miwanotabi:20190910225151j:plain

せっかく、石垣島に来たのだから、やっぱり体験しようと言う事で^_^;


コースはこんな感じ
石垣港ターミナルから30分位走ります
地図からはみ出てます(・・;)


f:id:miwanotabi:20190910225335j:plain



ワタクシ達の他にあと、3組のカップルがいました。

ワタクシ達以外は、皆、スキューバダイビングでした。

当然、皆若いです。

お一人だけ、同じ位のオジサンがいましたが、概ね若いですね。

とは言っても30 代くらいでしょうか?

そして、ワタクシ達以外は3日連続の3日目だそうです。
この後、帰るらしい。東京なのか、大阪なのか、はたまた、それ以外か、
聞くのを忘れました。

その参加者の人達は、休みを作っては潜りに来るそうです。

初日お昼に空港に着いたら、その足で港に直行して、まず1本目、翌日が1日中、ラストがこの日の午前中とスキューバダイビング三昧です。

って、これしかしていない(゜-゜)

で、この後帰るって…

体力が凄い。


ガイドのお姉さん!

まだ、若い、かわいい女性でした。
ワタクシ達を細い身体で一生懸命引っ張ってくれたのです。

写真には写っていませんが、赤い細い浮袋 ライフガードとか印字されてましたが、それにつかまって、海にプカプカ浮かんでいるのです。

それには紐が付いていて、細いお姉さんがポイントまで引っ張ていってくれるのです。

本当は、ワタクシも泳がないと行けないようなのですが
知らんかった…

後で主人が

あの浮きにつかまっていただけだろう?

あれ、俺らも泳がないといけないんだよ。

俺は泳いで手伝ったもんね

だと。( ゚д゚)

教えてよ〜。って、常識なのですかね。

で、お姉さんは酸素ボンベも着けず
モグラー化してまして、かなり深くまで潜って、ウミガメの場所とかを教えてくれました。

グルクンや、クマノミ、それから、なんと海ヘビも見ました!

(唐揚げじゃないグルクンは始めて見ました(^^)/)

   奇麗だなぁ。人魚みたい
        ↓
f:id:miwanotabi:20190910210058j:plain



f:id:miwanotabi:20190910211604j:plain
虹も見ました。石垣島では何度も虹🌈を見ましたが、この全体が見えたのは始めてで感動です。船の上から


f:id:miwanotabi:20190910211612j:plain
海中の写真はガイドのお姉さんが撮ってくれたものです。

f:id:miwanotabi:20190910211618j:plain


ウミガメちゃんに出会えました!

f:id:miwanotabi:20190910210042j:plain

このイラストは上から海の中を見た図ですよ〜(^o^;

底の方にウミガメのねぐらのような所が有り…

しばらく見ていると…

ワタクシ達の前に現れた最初の1匹が
ぐんぐん底に潜っていって、そこに居たもう1匹を起こしているのです。


ペシペシッと前の腕で叩くんですよ^_^;


ほれ、お客さんだよ!

オマエも起きろよ!

サービスするんだよ!


と、でも言ってるように見えました(^^ゞ


そして、2匹揃って上昇して来て、ワタクシ達の目の前で泳いでくれたんですよ!


かわいいやら嬉しいやら。


このウミガメ達はは10歳位らしいです。
まだ、若いって。

そして、かなり人に慣れていて、ワタクシもあと少しで手が届きそうな所まで泳いで来てくれました。


船に戻って、他の人達の撮った写真を見せてもらうと、なんと海の底で抱っこしてました!Σ(゚Д゚)

羨ましい!

そこまで、慣れているんですねぇ。

かわいいなぁ。

あと、こんな事も。

船に上がって来た、ワタクシ達以外の人達

つまり、スキューバダイビングをしていた人達の事です。

海底は寒かったって。

もう、これ以上潜れんと言って戻ってきていました。

海底は27℃

ワタクシ達が浮かんでいた海面は29℃

この、2℃が大きな違いみたいですね。

ワタクシ達は寒さは感じませんでした。

気持ち良かったです。

でも、通年、スキューバダイビングにしても、シュノーケリングにしても体験出来るらしいですが、この季節で寒かったら、11月、12月と、厳しそうですね。

通年って、ホントかなぁ。

ウェットスーツの厚さで調整するのでしょうか?




f:id:miwanotabi:20190910211637j:plain

2つのポイントに連れて行ってくれました。


1つ目のポイントではウミガメに出会えなくて。


そして、太陽の光も差し込んで来た時は
幻想的でそれはそれは美しかったですね〜。


こうやって、ワタクシ達の石垣島旅行は終わって行きました。

帰って来てからも、口癖になってました。

「楽しかったなぁ」って。

気が着いたら呟いているのですよ。


そして大阪に着いた、その足でスポーツ店に行きまして、ビーチサンダルや、帽子、水陸用靴などなど購入してしまいました。

なんと、今回の旅、ビーチサンダルさえ持って行ってなかったのです。

用意の悪さと言ったら…

次回はマンタに出会える旅に挑戦してみたいですね!

まさかまさか、こんなに楽しいなんて


みわの旅!


つづきます。


読んでね!

いつか、必ず行くぞ〜!

楽しかったです!
石垣島

石垣島で食べた美味しいもの〜!の巻

f:id:miwanotabi:20190907120249j:plain


やはり、シュノーケリングの話の前に食事の事を書きます(^^)v

ワタクシ達が石垣島で食べた物。

ひとし石敢当

石垣島に来る前に事前調査すると、

晩ごはんは

ひとし石敢當

炭火焼肉たけさん亭



朝ごはんは

豆腐の比嘉(ひが)

がいいと情報を得ました(長男だけど(^^))


ひとし本店ではなく、こっちに行ってという、念の入れようです。

石敢當(いしがんとう)と読みます(^^)/

ここのマグロの握りが美味しいって…

これは、何が何でも行かねばなるまいと
予約の電話をしました。出発の2日前から。


しかし、何度かけても、話し中でつながらないのです。

今、また、調べてみようと検索すると、
ひとし電話繋がらないの項目が(^o^;


炭火焼肉のたけさん亭は繋がりましたが、9月の中旬まで、予約がいっばいで、結局取れませんでした。

どちらも超人気店のようです。


これから、石垣島旅行をお考えの方は早目の予約をオススメします!

この2つは旅猿では、紹介されてませんでしたが、今調べてみると、どちらも有名のようでした。


どちらも行けなかったんですけどね…
豆腐の比嘉は旅猿でも紹介してまして、ゆし豆腐に味噌や醤油を好みでかけて食べるというもの。

「優しい味」と岡村さんが表現してました。

これは、宮古島で、スーパーで買って来てよく食べていたからいいや。

と、思い行きませんでした。

朝からてくてく歩いて行くのが面倒だったのもあります。(^o^;


で、本題です!

初日の夜、ホテルから、そう遠くないので、散歩がてら、予約は取れなかったけど行ってみよう!

というわけで、トライしてみることに。

案外入れたりして…

なんて事を考えてました。

前向きなんです!ワタクシ('・ω・')

着きました。

ガラガラとお店の扉を開けると、
店員さんが「予約の方ですか?」って…

「いいえ〜、してませんけど、無理ですか?」と言うと、

「スミマセン、いっぱいなんです」と。


「予約の電話を何度もしたんですけどねぇ〜、話し中で全然つながらなくて」と
粘るワタクシ。


「スミマセン…」とお店の人


こういうやり取りがありまして、

諦めて別のお店を探す事に。


そう、甘くなかった。

でも、予約取れないじゃん。電話繋がらないんだからさ!プンスカ!(ㆀ˘・з・˘)

みんな、どーやって予約してるんだ?


そして、思ったのです。せっかく行ったのだから、明日以降予約できる日ありませんか?って、なぜ聞かなかったのか!
って。

不覚!( •̀ㅁ•́;)

焼肉バカ一代

てくてく歩いて戻っていると…もう、この辺で適当なとこに入ろう!

お腹すいた!

と、思いながら。


すると、1台のワゴン車があるお店の前に止まりました。

そして、中から、わらわらと出て来たファミリーらしき人達が吸い込まれるように、そのお店の中へ。

(゜o゜)




f:id:miwanotabi:20190907140615j:plain

つられて入りました!

「カウンターなら座れますよ!」

f:id:miwanotabi:20190907140651j:plain

「お客様2名入りました!!」

ドドドン!ドドドン!

鳴る太鼓!(´-﹏-`;)

賑やかなお店に入ってしまったようです…



お客さんが入ると鳴り、帰る時も鳴る!

ドドドン!ドドドン!ってヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。


f:id:miwanotabi:20190907141911j:plain


注文したビール🍺が来た時も、店員さんが「一緒に乾杯してもいいですか?」
と言います。

嫌です!
とは言えず「いいですよ」と言うと、

「乾杯入りました!」とわりと大きな声でいう。

すると、お店中の人、人、人達が
「かんぱ〜い!」の大合唱 ヒェッ…


ワタクシ達はいったいどんな店に入ってしまったのだろう…


美味しいのかな?

ほぼ満席だけど…

よぎる不安って、大げさな(ノ´∀`*)

このお店にはタレの遊園地と言って、
薬味など何種か用意して、セルフで調合する場所が設けてあります。

そこで、ネギとか、ごまとか、コチュジャンとかを取っている年配の女性に声をかけてみました。

「ここへは、よく来られるのですか?」
と。

すると…

「初めてです」

(・・;)

よぎる不安…

「あっ、でも、連れは何度も来てますよ」って。

良かった、なら、美味しいんだな。

と安心するワタクシ。

それで、これを聞いてみました。

「ひとしにいったのですが、予約の人しか入れなくて断られました。」

「予約の電話がつながらなくて〜」
と言うと…

その、女性は、笑いながら、
「あそこは、電話出ませんよ!」と衝撃発言。(^_^;)

そ〜なんだ〜!出ないのか〜!って…いや、そうじゃない!だろ・・・

そして、こう言いました。

「9時過ぎに行けば帰るお客さんがいるから、入れるかも…あっ、それじゃ遅すぎるか…」って。

そうですよ。遅いですね。9時ではね〜。

と、思いつつも、お礼を言って、自分の席へ戻ったワタクシです。(^o^;)


そして、カルビ、上ロース、タンなど注文すると、

例えば店員さんが「カルビ入りました!」と言うと、他の店員さんが「ぃようっ!!」

大声で答えるのです。(¯―¯٥)

満席だったから、「ぃようっ!!」「ぃよう!!」が飛び交っていました。

早口言葉ゲームもあり、指定される文章を3回を8秒以内に言えたら

お肉1皿プレゼント!とかもやってました。


とにかく、騒々し・・・賑やかでした。




f:id:miwanotabi:20190907154513j:plain
山盛りの千切りキャベツにはドレッシングがタ〜ップリかかっていて
美味しい!


f:id:miwanotabi:20190907153431j:plain




f:id:miwanotabi:20190907154532j:plain

お肉は、ちょっと薄いかな。
でも、お味は美味しかったです。


f:id:miwanotabi:20190907154656j:plain



f:id:miwanotabi:20190907154842j:plain



f:id:miwanotabi:20190907154914j:plain



f:id:miwanotabi:20190907154928j:plain


満席だったため、注文してから届くまでがかなり待たされたので

あまり食べないうちに満腹になってしまいました。

肉の日だった!


そして、会計です!


なんと、嬉しい事にその日は29日で肉の日という事で、

会計の半額分の金券をくれたのです。

その金券は早速明日から次の月の28日まで使えるとの事。

そっか〜!だから、お客さんが多かったのですね。

「今日は29日なので、地元客が多いですよ。明日はここまで、混みません!」

とキッパリ言われました。


f:id:miwanotabi:20190907155033j:plain



というわけで、次の日もここへ来たのは言うまでもない!

ワタクシたちでありました。

少し早い時間に訪れた事もあったのですが、

ワタクシたちの他に先客が2名いただけでした。


f:id:miwanotabi:20190907215226j:plain

ご覧の通りの閑古鳥静かな雰囲気・・・

昨日の賑わいが嘘のよう・・・


それからもう1つ

ハブベル


と言うものが有りまして、


各テーブルに1つベルが置いて有ります。

f:id:miwanotabi:20190907224732j:plain


ダチョウ倶楽部よろしく、押すなよ!いいか!絶対押すなよ!的な


そして、二日目のその日、隣の先客の1名が

押してました!

店員さんがハブ酒ですよ!いいんですか!

って、確認していたのが可笑しかったです。

酔っ払ってるから分からないもんね〜

そして、帰る頃には、だんだんとお客さんも増えて来ました。

メデタシメデタシ・・・


みわの旅


つづきます!


読んでね。

最後は綺麗な写真で締めくくります!



f:id:miwanotabi:20190907230105j:plain



f:id:miwanotabi:20190907230108j:plain



f:id:miwanotabi:20190907230116j:plain



次回はいよいよシュノーケリングだ〜!

石垣島3日目 フサキビーチに行ってみた!の巻

さっさと更新したかったのですが、
やはり疲れてまして、何だかサボってさしまいました^_^;


歳でしょうか?(:_;)


更新はせず、ガイドブックを読んで旅の余韻に浸っています。


旅の後に読むのも、旅猿を見るのも好きです!

あっ!ここ行った!ここ知ってるって…
なるのが楽しい(^^♪


では!
始まるよ〜!
みわの旅

フサキビーチ

3日目はフサキビーチで泳いできました!

前日、バスのチケット🎫が午前中まで使えたので、下見にいっておいたのです。

石垣島のビーチで検索すると、トップで出てくるのがここでした。

やはり、そこは抑えたいと思いまして下見をしたと言う訳です。


行ってみると、想像以上に良かったねですね!


初日のANAインターコンチネンタルリゾートも、中心地から近くて便利で良かったですが、フサキビーチの方が新しい分良かったです。

例えば、ロッカーも無料

シャワーも温水で無料

椰子の木がたくさん植えてあってムーディ(^^)v

アクティビティが充実している。

マリンスポーツの種類と時間と価格

ドラゴンボート(バナナボート)(10分程度)¥2500

スーパーマーブル(10分程度)¥3500
     ↑

フサキビーチでの価格です


スタンドアップパドル(30分程度)

ジェットクルーズ(10分程度)
      ↑
    価格失念^^;

フライボード¥6000〜¥12000
      ↑

価格失念したので調べました。
和歌山が¥6000沖縄が¥10000〜¥12000と開きがありました。
ただ、時間が分からないので、¥6000がお得とも言えないです。

30分くらいは出来そうですが。(^^ゞ




 
などなどが出来るのです。

事前予約無しで
 

f:id:miwanotabi:20190906183906j:plain



f:id:miwanotabi:20190906112443j:plain
ここもハブクラゲ防止ネットが張ってあり安心して泳げます!


f:id:miwanotabi:20190906112455j:plain
開放感があって気持ちいい〜!


f:id:miwanotabi:20190906112503j:plain




f:id:miwanotabi:20190906112510j:plain
ホテル宿泊のファミリーが泳いでました。

お子さんが小さい方はプールで泳ぐ人多数。




f:id:miwanotabi:20190906112905j:plain




f:id:miwanotabi:20190906112954j:plain
これはワタクシが乗ってる写真ではありません^_^;。

若い女性数人が

乗ってるいる所をパシャリ(^^)/



f:id:miwanotabi:20190906112914j:plain
どうですか〜?と聞かれるので「飛ばしてください!」
と答えたワタクシです
安全第一だから、インストラクターが後ろを振り返り
あまりスピードを出さない・・・


f:id:miwanotabi:20190906112921j:plain
日も暮れかけて来ましたが、この時間に泳ぐのもありです。

まとめ

バナナボートに乗ってみましたが、上にも書いたようにあまりスピードは出してくれなくて、ちょっともの足りませんでした。

旅猿ではビスケットと言ってましたが、ここではスーパーマーブルと呼んでました。

同じタイプだと思いますが、旅猿では、沖縄でこれを体験します。

ELTの持田さんがゲストの回)

その時、東野さんがバナナボートより、こっちのがスピード感があって面白いと言ってました。

しかし、これを体験した3人が次の日、首とか、肩とかを痛がってました。

岡村さんはゼスチャーで布団から起きるポーズをして見せてました。

まず、横を向いて、ゆっくり起きる…

と。


バナナボートより、ガックンガックンとなって、ダメージが大きそうでした。
( ゚д゚)

どちらを取るか?
難しい選択です(^o^;

次の日、シュノーケリングをしたのですがポイントまで行く船が疾走するのでこれで充分かと。


みわの旅


つづきます!


読んでね。


シュノーケリングでウミガメと泳いだよ。

クマノミもいたよ。

グルクンも…

でも、その前に石垣島で食べた物。

これになる予感。



f:id:miwanotabi:20190906214937j:plain

美味しかったなぁ。



f:id:miwanotabi:20190906215225j:plain

宿泊先のホテルについての巻

昨日帰って来ました。

秋になっているかと、思ったけれど

そうでもなかった。(^o^;

やっぱり、こっちもまだ暑い…

訂正とお詫び

石垣島3日目です!

まずは、訂正とお詫びです。

昨日の記事で水牛の労働日数を間違っておりました。

正しくは、4日働いて3日休みです。


これでも中々条件いいんじゃないでしょうか?ホワイトには変わりない(^o^)/


働いている時は重労働ですが。


20人乗せて30分を1日何回かな?


だから、ちょっとした日陰があると、そこから、動こうとはしない時もありました。(^_^;)シマ君の話です。

ですよね〜。

分かります!


暑いよ!暑いよ!(出川さん風)


あと、レンタサイクルですが、あの炎天下の中では、やめた方がいいと思いました。

お金払って何の苦行か!って感じでしたよ。

汗ダラダラで皆さん乗ってました。

電動もあると思いますが見た感じでは普通の自転車を借りてる人が多かったですね。

レンタサイクルを使う時は、夏であれば早朝か、日暮れ。

季節で言うなら真夏以外で…

って、そう思いました。

紫外線対策は思いっきりして下さい!

あと、熱中症対策も!


でも、借りたらコンドイビーチはぜひ行って下さいね。

ワタクシ達は諦めましたが、綺麗な、ビーチのようです。

次回はここで泳ぐ計画を立てるつもりです。(来る気マンマン(^o^;)

島内を走るバスもあったので、それを利用するかそれとも宿泊するか、考えてみます。


カキ氷屋さんの事も。
休みだったお店が旅猿で紹介していた
出川さん、行きつけのお店
パーラーぱいぬ島

で、ワタクシ達が行ったお店が 
パーラー願寿屋です。



ではでは(^^)/

みわの旅!

始まるよ〜!



ここも、訂正とお詫びですが^_^;


って、中々始まらないし…

フサキビーチの事は次回にして、泊まったホテルを紹介しますね。


安く上げたい方、参考にしてね。


そうでない方は、読み飛ばして下さい。


合計4泊したのですが、3泊がイーストチャイナシー。


それも、最初2泊がイーストチャイナシーで、中1泊がMr.Kinnjoで、最後にまた、イーストチャイナシーと言う。

なぜか、1泊別宿を取ると言う面倒臭い事してます。


ちょっと、他も泊まってみたいし…

って気持ちで。





まずは、ここ!

じゃーん!


嘘つけ!


f:id:miwanotabi:20190902125726j:plain




f:id:miwanotabi:20190902125759j:plain




f:id:miwanotabi:20190902131809j:plain



f:id:miwanotabi:20190902131816j:plain



f:id:miwanotabi:20190902131824j:plain



願望を載せてしまいました。(^^ゞ





本当はここ!

ホテルイーストチャイナシー


f:id:miwanotabi:20190902150421j:plain



f:id:miwanotabi:20190903150754j:plain




f:id:miwanotabi:20190902130107j:plain




f:id:miwanotabi:20190902151349j:plain
ロビーは、外!(゜o゜;


f:id:miwanotabi:20190902130309j:plain
2連泊した部屋 5F



f:id:miwanotabi:20190903151609j:plain
5F の窓からの眺め。
西向き。いつも空が青かった!



f:id:miwanotabi:20190902130430j:plain
5Fのベランダから。



f:id:miwanotabi:20190902131854j:plain
こちらは、ラストに泊まった部屋10Fです。
5Fと内装は変わらないタイプでした。ベランダからの眺めが少〜し違うくらい。

最初に連泊した部屋より高層階でしたが日曜と言う事もあるのか、安かったです。

1部屋2人で¥7000
(食事なし)
もう、破格ですね。(^o^;
同じ部屋が、前日の土曜は19000以上の値段でした。
約3倍ですね。

最初の2連泊の価格が¥26000位でした。
どちらも、一部屋の値段です。
1泊で考えると¥13000位
食事なし。

もう、価格は曜日で乱高下してます。
当たり前って言えば当たり前ですけどね。


f:id:miwanotabi:20190902131909j:plain



f:id:miwanotabi:20190902131928j:plain



f:id:miwanotabi:20190902131943j:plain
ランドリー。ホテル全体で、これだけ。
1台は故障中の張り紙が^_^;

直す気なさそう… 

写真には写っていませんが、向い側に2台有り(その一台が故障中)


f:id:miwanotabi:20190902131948j:plain
使える洗濯機が3台。
7㌔が2台。5㌔が1台。
30分 ¥300 

乾燥機 30分 ¥100

粉洗剤が置いてあり、無料



朝食が美味しいと口コミ欄では見ましたが、却下 お高いので。(^o^;

1人¥1800です。(どこもこれくらいするけどね)

レストランは3Fにありました。
ブルーシールアイス🍨食べ放題らしいですよ。
(沖縄を中心に全国展開しているアイスクリームメーカー


朝ごはんはいつも、中心街のファミマで買ったおにぎり🍙やみそ汁、パンにカップ麺などで済ませてました。


同じような人が多いのでしょう。
ここのファミマは3台レジがあるのだけれど、いつも行列。

買うのを諦めたこともあるぐらいです。

中心街にお土産屋さんは多数あるけど、スーパーは一軒もなく、必然的にそのコンビニで買う事になります。

なので、いつ行っても混んでました。

730交差点のファミマです。
隣はA& W





で、次!

Mr,kinnjo GOLDEN CATs


3泊目の

1泊がMr,kinnjo GOLDEN CATs

ネコが、目印



f:id:miwanotabi:20190903094148j:plain



f:id:miwanotabi:20190903094023j:plain
廊下


f:id:miwanotabi:20190903094037j:plain
ベッドは広くて高さがありました。
ベッドの向い側にテレビ📺、鏡、横長の机と椅子有り。

スーツケースを置く用の椅子も有り便利でした。


f:id:miwanotabi:20190903094044j:plain



f:id:miwanotabi:20190903094056j:plain



f:id:miwanotabi:20190903094101j:plain
嬉しいのはトイレとバスが別っことです。


f:id:miwanotabi:20190903094104j:plain
シャンプーとコンディショナーがイーストチャイナシーより上等でした。
イーストチャイナシーのは、髪がキシキシになりました(;´Д`)

f:id:miwanotabi:20190903094117j:plain



Mr.Kinjo はたくさんありますので、予約する時は、場所のチェックをお忘れなく。

ワタクシ達は中心地から0.9kmと書いてあるここを選びました。

ここで、この0.9kmというのが疑問なんですがイーストチャイナシーも同じ0.9kmと書いてあります。
どこが中心なのか?

730交差点を中心とするなら、イーストチャイナシーが断然近いです。
離島ターミナルの横ですから。
バスターミナルも近いです。

なので、ワタクシ達が宿泊した街の中のMr.Kinjoは感覚的には2kmくらいあります。

まぁ、とにかく
行ってみると…

思っていたよりずっと良かったですねぇ。

受付はインド人かネパール人かの青年が1人だけ。
感じ良かったです。

(と言うほどには会話をしていませんが)(^_^;)

チェックアウトの時は居なくて、鍵をポストに入れるシステムでした。

つまり、お安い仕様となっております。


面白かったのが、小さいロビーらしきところで、何やら面接をしていた事です。

ここで、採用するのかな?


そして、特筆すべきは、新築ざんす!


「出来たばっかりですよ。」とあとで、シュノーケリングツアーした時の送迎のお兄さんが言ってました。


いわゆる、普通のアパートをホテルにしてる感じです。

ワタクシ達が泊まった部屋は、2人で予約しましたが、4人泊まれる部屋でした。

マグカップが4つありました。

住宅街の中にあるけれど、そして眺めは良くないけど(住宅街なので)
悪くもない。


キューバダイビングなどが目的の人にはピッタリです。

キューバダイビングなどはツアーで予約する人も多いでしょうから。

それには送迎が付きますから、楽ちんです。眺めは必要ないでしょう。

このホテルに宿泊していた若い女性数人が送迎のマイクロバスに乗り込んでいました。

やはり、そういう使い方が多いようですね。

そして、1番使いやすいと思ったのが
洗濯機が各階ごとに2台づつあるって事です。



イーストチャイナシーは
遅〜いエレベーターで、毎回1Fまで降りて、ホテルの裏側まで行かないといけないし、使っている人がいたら、また、部屋まで戻らないといけないので、サクサク片付かなかったですね。

その点、ここは、部屋から出てすぐのとこにあるし、洗濯機はHaierでしたが、
使い方が簡単だし、まだ、新品なので気持ち良かったです。

イーストチャイナシーの洗濯機は、1台づつ、型が違うので使い方もまちまち、その中の1台はお金を入れて、シャワーボタンを押して、10秒待つ。
それから、蓋のロック解除がされたら、
ここで、初めて、洗濯物と洗剤を入れる
だって…

最初間違えましたよ。

いきなり入れましたよ。

洗濯物と洗剤と…

その後、どうしたかって?

しばらく悩んだけど、見なかった事にして部屋に戻り、終わる時間頃に来ると、洗濯出来てました。

本当に出来ていたかは

疑問だけど、そのまま乾燥機に入れました!


ちょっと、話がそれました。

まMr.Kinjoに戻しましょう。

こちらは、洗濯機も乾燥機も無料!

ただし、洗剤は置いてないので、持って行って下さいね。


そして、部屋にはキッチンが完備

しかし、鍋や、食器類は1000円で貸し出しでした。

作る気はないので、借りませんが、ここに1週間位滞在するなら借りるかもしれません。

電子レンジもありました。

さて、宿泊費はというと、なんと
¥8260です。土曜なのにこの値段
で、じゃあ連泊しようと日曜もお願いしますと言うと、¥13000です。だって。
(・ัω・ั)

なんで?日曜が高いの?しかも9月なのに。


って、ことで、イーストチャイナシーに戻った訳ですねぇ。

色々せこく頑張ってるわけですよ。

で、今、イーストチャイナシーを試しに検索してみたら、今日も明日も売り切れでした。Bookingcomね。

人気ですね!








おまけ  南海電車

関空から南海電車新今宮まで行く途中の出来事です。


ワタクシたちが腰掛けているその頭の上でしゃべるんです!

大声で!

中国人カップルが・・・


なんで、近くに行って話さないのか?


車内の中、離れて、立っているのです。


女性はスーツケースに片足乗せて大胆な格好で話すんです!

で、周りも殆どが中国人でした。


f:id:miwanotabi:20190903141723j:plain


みわの旅!


つづきます。


読んでね!


次回こそ、フサキビーチで泳ぐのだ!

石垣島2日目!水牛車だよ!竹富島だよ!の巻


f:id:miwanotabi:20190901213748j:plain


ワタクシが石垣島に最初に行きたいなぁと思ったのは5〜6年前の事でした。

何度も名前を出してますが、
エッセイ漫画家のたかぎなおこさんの描く漫画が好きでよく読むのですが
そのたかぎさんが一人旅をするシリーズの中で特に印象に残ったものが石垣島への旅でした。

石垣島にマンスリーマンションを2週間ほど借りて生活するのです。

東京で一人暮らしをされていて、初の二重家賃を払う…とそういう事も描いちゃう庶民的な所にも共感出来て、ゆる〜く面白いのです。

たかぎさんは石垣島でスキューバダイビングの免許を取得するのが旅の第一目的なのですが、その間をぬって、竹富島などにも訪れるのです。

その、竹富島で、民宿に泊まるのですが
一人旅だけど、そこで、やはり一人旅して来ている人達とふれあうのです。(一人旅とは限らないのですが)


その民宿にはリピーターの方も多くて、
そんな人達と一緒にご飯も食べちゃう訳です。


その、飲んで騒いでの夕食後のあと、
皆で外に繰り出します。

電柱がほとんどないその島は月明かりが明るく、皆でアスファルトの道に寝転んで星を眺めるのです。

昼間に温まった道が程よくまだ、熱気を残していて…

そんな、シーンが描かれていました。

他にもマラソンの話しなどもたくさん描かれていて、フランスなんかにも行っちゃう。思わず、マラソンを始めてしまおうかな…なんて事も考えるほど、面白いです。



その漫画を読み、いつか行ってみたいなぁと思っていたのが5〜6年前、と言う訳です。

そして、今やっと実現したのです。


1度目はあまりに急過ぎて宿が見つからず、宮古島へ変更。

2度目が今年の1月に息子2人と、3人で石垣島の更に先の小浜島のはいむるぶしと言うリゾートホテルへの計画。

シーズンオフなので、格安で泊まれたのですが、やはりシーズンオフだけあって、長男のインフルエンザでアウト。

そして今回3度目で、主人と2人旅が実現した訳です。


前置きが長くなりましたが、

始まるよ〜!

みわの旅。


竹富島で水牛車に乗るツアーをネット予約

フェリー代往復と水牛車で島を巡るコース。

1人¥1800

これ、面白かったです。

f:id:miwanotabi:20190901214152j:plain


水牛の相関図なんかもあります。


f:id:miwanotabi:20190901213854j:plain

ワタクシが乗ったのはヨーロッパ水牛(角がくるんとなってるやつ)のシマ君12歳。人間でいうと36歳位の働き盛りだそうです。


角が素直にすーっと伸びているのがアジア水牛でヨーロッパ水牛に比べ小柄だけど、働き者だそうです。

人間と似てると思いました(^^)


で、シマ君は力は強いけどそう、働き者ではないんだって。

因みに、1日5〜6時間の週休4日勤務って説明してたと思います。

意外とホワイトなのね(^_-)

時間の方が記憶が曖昧ですが…

週休4日は間違いないと思います。

あと、女の子は1頭しか居なくて、その争奪戦が凄いらしいです。

その女の子の名前、忘れたけど、仮にさくらちゃんとしましょう。

その、さくらちゃんのモテることと言ったら…

だがしかし、年齢が〜!

人間で言うと75歳だそうです( ・∀・)

f:id:miwanotabi:20190901213948j:plain
つぶらな瞳のシマ君


f:id:miwanotabi:20190901213959j:plain

働き者ではないけど、スピードはあるので、グイグイ行きます!

と言っても、ゆっくりですが…(^_-)

前の牛車に追いつき追い越す勢いです!

何度も調整していました。

そして、決まった場所で、おしっこや💩をするのです。

それを、ガイドさんがバケツに上手に受けるのです。

ワタクシは1番前に座っていたので、💩シーンをしっかり見る羽目に( •̀ㅁ•́;)

ちゃんとしつけてあるのか、習性なのかわかりませんが、ガイドさん達の努力で
サンゴで出来た白い道は綺麗な状態を保っています。

素晴らしいですね。

f:id:miwanotabi:20190901214016j:plain

そんな話しを面白おかしく話してくれたガイドさんです。

島の歌のサービスもあり、旅情そそられました。

ガイドさん、本当にお話しが面白かったです。

f:id:miwanotabi:20190901214324j:plain

サンゴで出来た道が白く美しい。

島の人口は360人ほど、その3分の1が島外からの移住者だそうです。

水は石垣島からパイプで送られて来ているとか。

昔は雨の水を貯めて使っていたので、その雨水を貯める瓶のようなものが残っていて、そのような説明をしてくれました。

水牛車体験は30分ほどで、終了

帰りのフェリーの時間までの2時間はフリータイムです。

レンタサイクルは希望しなかったので歩きです。

予め、ここで、カキ氷を食べようと決めていた場所へ、炎天下の中歩いて行くと

まさかの休業…都合によりの休業…

って、都合って、なんだよう!

金曜じゃないか、稼ぎ時じゃないのか!

と、あまりの暑さの為、切れ気味になるワタクシ(; ・`д・´)

ショックを受けたのはワタクシだけではありません。

レンタサイクルで、やって来た若い女性二人組も、その、張り紙の前でぼーぜんとしておりました。

そうですよ!

この暑さ…カキ氷だけが楽しみじゃないですか?

しかし、諦めて、別のお店を探しまして
やっと一息。

ここも、すぐに入れた訳ではなく、しばらく待ちました。

なんせ、観光客多いですからね。


f:id:miwanotabi:20190901214138j:plain

美味しかったです!
🍓いちごのミルクかけと抹茶のミルクかけ。

ともに、¥430という安さ!(^^)v

大阪で、バカ高いのを見慣れていたので、安く感じる〜。


f:id:miwanotabi:20190901213813j:plain

そして、残りのフリータイムをてくてく歩きでやり過ごしていると、見てしまったのです。

可哀そうな、あるお父さんの姿を!

思い出って、写真を見て記憶に残って
作られて行く事も多いと思うのですが…

きっと、そのお父さんも記念に、いい思い出にと、そんな気持ちで、写真を撮ろうとしたのだと思うのですが…

ここで撮るぞ!このアングル!
なんて、事を考えながら。

小学生低学年位のお嬢さんに、「ちょっと、そこで止まって、振り返って!」
と、炎天下の中さけんでおられました。

しかし、お嬢さんの対応が塩対応で( ;∀;)

分からないだろうな〜、小学生低学年じゃなあ。

と思って眺めておりました。

ちょっと、止まって上げてよ〜、

後できっといい旅だったって、

いつの日か、貴方が大人になった時、
必ず
そう思うからさ〜って。


悲哀を帯びた、あるお父さんの後ろ姿が今も目に焼き付いてます…

f:id:miwanotabi:20190901214127j:plain


みわの旅!

つづきます。

読んでね!


明日の記事はフサキビーチでアクティビティだ!

ドラゴンボートに乗ってみた!


で、実際は明日帰ります。

大阪に。

でも…

みわの旅はまだまだつづくよ!

石垣島初日だよ!やっぱり海水浴だ!の巻

初日、ホテルに荷物を預けて、バスで
ANAインターコンチネンタル石垣リゾートへ泳ぎに行きました。

レンタカーは借りない作戦です。

なぜなら、中心部に宿を決めたからであります。(安かったし)

海水浴と竹富島が今回のメインイベントなので、車で周らなくてもいいかな。と思いまして…
 

初日に1日乗車券を1000円で買ってました。空港のバス乗り場で。

正確には24時間乗車券なので、翌日の12時まで乗車OK。(つまり、24時間過ぎてもいいってことです。)

f:id:miwanotabi:20190831103415j:plain


これを使って海水浴に行こう!

と思ったわけです。

翌日の午前中も乗れるし…ムフフ(^^♪


色々せこく考えるのです。


しか〜し、よく考えずに、瞬間で判断するので、そう、お得にはならないですね。


これの他に5日間乗り放題で¥2000
と言うものがありました。

これを街に出るための空港バスに乗車する時に決めるのです。

後ろにはズラ〜っと人が並んでいる場面で。

1日1000円と5日間2000円と瞬時で決めるのです。


2000円の方に飛びつきそうになりましたが、5日間いないよ。




で、1000円のがましだろうと思って購入

しかし、そんなに得じゃなく、ちょぼちょぼなんですね。

なぜか?


それは、遠くを回る便の本数が少なくて
どうやっても予定が立てられません。
(ワタクシ達の場合ってことですよ。)


で、その、乗車券を使って
海水浴場へ。

乗車券を利用しやうとするから、近場しか行けない。(^_^.)

しか〜し、やはり素晴らしかったですね。

日本語しか聞こえない!


ワタクシ達が宿泊してるホテルは、中国の方も多く宿泊されてました。(^o^)丿


チェックインカウンターに置いてあるウエルカムドリンクをがっ!と飲んでいた女児が印象的でありました。( ・ิω・ิ)


f:id:miwanotabi:20190831125311j:plain


f:id:miwanotabi:20190831130404j:plain
        ↑
     中国人ファミリー

しかし、今回来て感じたのが、韓国語は
全く聞かなかったってことです。

やはり、ホワイト国外しの報復処置で日本に旅行に来ていないのは本当みたいです。

話を海水浴へ戻しましょう!

ここへ来たわけです。

じゃーん!!

来ただけだけど(^.^)/~~~(泊まってな〜い)
f:id:miwanotabi:20190831112201j:plain


静かで落ち着きます。
f:id:miwanotabi:20190831112205j:plain



f:id:miwanotabi:20190831112210j:plain



f:id:miwanotabi:20190831112227j:plain

宿泊客じゃなくても、泳げます!

なんと、脱衣場とシャワーは無料です。

青いパラソルが一般客用で、椅子が2脚ついて1時間¥2500
1日が¥4500

もちろん、借りなくても全然OKです。

1時間借りてどーすんだ?

泳ぐのに…

荷物おくだけで¥2500。

ごらんの通り借りている人はほとんどおりませんでした。

写真には写っていませんが、右手に白いパラソルの集団があります。

そちらが宿泊客用でした。

プールもあるし、そちらで泳いでいるファミリーが多かったです。


f:id:miwanotabi:20190831112238j:plain


写真では分かりづらいですが、囲いがあります!(毒を持ったハブクラゲを防ぐため)

監視員も常駐してまして、安全です。

囲いの外で、バナナボートや、ビスケットなど、立って漕ぐカヤックのようなものアクティビティを楽しんでいる人がチラホラ。


f:id:miwanotabi:20190831112241j:plain


ここで、ロッカー(¥200)に荷物を入れて、泳ぐ事に。

足の先まで見えるので透明度は高い?
って事になるのでしょうが、とっても綺麗って感じではなかったです。
ごめんよごめんよ。辛口で。

昨年11月に行ったグアムもこんな感じでした。

なぜ、そう思ったのか?

3年前の宮古島の海があまりにきれいだったから?

肉眼でニモが見えたんだよう。

あと、色とりどりの小魚達が気持ち良さそうに泳いでいたんだよう。



ビーチも、少し小石があったりで
歩きにくい所もありました。  
問題ないけどね。


でも、気持ち良かったです!

海にプカプカ浮かんでいるだけで…

クラゲの事も、流される事も心配しなくていいという、安心感!

海が癒やしてくれますね〜。

いろんな事を…



みわの旅!

まだまだつづきます。

読んでね!

明日は竹富島で水牛車に乗るよ〜!

ヨーロッパ水牛のシマ君に乗ります。

白い道に青い空。


f:id:miwanotabi:20190831215901j:plain


f:id:miwanotabi:20190831220011j:plain


シーサーが島を守ってる!

石垣島に来ています。の巻

昨日から、石垣島に来ています!

関空からの直行便で2時間20分のフライトでした。

空港は一番好きな場所です。

今から旅に出るぞ〜!ってワクワク感がたまりません。

これを味わうために旅を計画するのかもしれません('・ω・')

f:id:miwanotabi:20190830095356j:plain



f:id:miwanotabi:20190830095426j:plain



f:id:miwanotabi:20190830094734j:plain
        ↑
乗ってきた飛行機の隣の飛行機(^o^;)
石垣島の空港



はじめは、東京の息子達の所へ行くのも絡めて

海にも行きたいと考えていましたので

八丈島がいいなぁ。

行ったことないし…

と思ってホテルを探してみましたが

安いとこは満室なんですね〜。

ここ大事!(^o^;)

海の透明度が高い!という文章に惹かれてたんですけどねぇ。

くさやも食べてみたい。

子供の頃一度ありますが、臭いのなんのって…

でも、今なら食べる事出来るかもしれない(・.・;)


あと、やはり海鮮が美味しそうです。(^^)v




しかし、ここは、息子達を絡めるのをやめて


こちらも行ったことない、石垣島に変更する事に。(^^)v





始まるよ〜!

みわの旅!


さぁ!どんな、珍道中になるのか!



f:id:miwanotabi:20190830105632j:plain



前日の夜、旅猿(Hulu)を見て学習すると


石垣島の空港に隠れ家的な食堂があり、

そこで、八重山そばとソーキそばと
トロトロオムライスなるものを食べていました。

空港で働く人達が利用する食堂のようでした。


が、そこには行かず(^_^.)

ワタクシ達が行ったところは


街の中まで、バス🚌で移動しまして、

ホテルそばのこちら!




f:id:miwanotabi:20190830120547j:plain



f:id:miwanotabi:20190830120553j:plain



f:id:miwanotabi:20190830120601j:plain

豚バラの乗ったそば¥700

和風のお出しと、肉厚の豚バラが美味しかったです。


石垣島1食目!はやっぱりこれですね。


この後、宿泊先のホテルへ。


チェックインが14:00

あとまだ1時間ありますが荷物を置きに行ってみることに…




f:id:miwanotabi:20190830123709j:plain



f:id:miwanotabi:20190830123714j:plain



f:id:miwanotabi:20190830123720j:plain

ロビーはまさかの外!

f:id:miwanotabi:20190830124034j:plain



f:id:miwanotabi:20190830124036j:plain



f:id:miwanotabi:20190830125603j:plain



f:id:miwanotabi:20190830124204j:plain
部屋のベランダから撮った風景



写真は、チェックインしてからのものと、今日撮ったもの。


今から、バスでANAインターコンチネンタル石垣リゾートへ。

そこで、泳ぎます!


みわの旅。


つづきます!


読んでね!