みわの旅

旅猿が好き 旅が好き 空港が好き 日常から非日常へ チラ裏画伯の心は今日も空の上  

衝撃💥の魚🐟の手渡し!ファーストインド編

   つづきです。

さぁ、何から書こう。

行きつ戻りつしますが…

   純喫茶☕「ぶらじる」から、

インド行きにびびる岡村が、理由の1つに上げた言葉

「カメラマンじゃないもん、ディレクターやもん!!」

 そうか! そうだったのか! だからあんなに 下手くそだったのか!

  カメラワーク。素人が、撮ってるみたいと思ってました。(ごめん)

 もう少し固定できないものかと。(見てるとクラクラする時がある😃)

 そして、画面上でのまさかのテロップが

「同行ディレクターは高血圧」

  そんな体調で行くインド!

岡村じゃなくても恐ろしい。

  私もはるか昔に一度だけ行きました。

食事をしようと思った食堂でのこと。

 手で食べるのは慣れてないので

お店の人がフォークをくれました。

 失礼かなぁと思いつつも、お腹を壊したくない私は、紙ナプキンでフォークの先を拭きました。

 すると、黄色くなるんです。その紙ナプキンが。

   もちろん洗ってあるはずなんだけど(笑)

こんな事は序の口。

これは、路上での出来事。 

    ↓

  チャイのグラスの周りには、ハエが縁にびっしり。

  それを払いのけて飲むんです。

(用心してるわりには、飲むんだ。)← とは言わないように。😚😙

 矛盾がつきもの。それが旅!

(ホントはナニモ考えていない)

  チャイの中にも、ハエが入って いたので おじさんに「入ってるよ。(替えてくれない?)」と言うと、ごめんごめんという仕草で、いきなり指を突っ込んでそのハエを、取ったそのグラスを戻して来るんです(笑)

  飲めるかっての!

おっさんの指&ハエの死骸の入ったジュースなんかっ!😅

 だから、紙ナプキンでフォークを拭くなんてことは意味ないことなんですよ。

ほんとは。

  用心に用心を重ねても、暑さのあまりに頼んだジュースの、氷でお腹を壊してしまったんですけどね。

  正露丸を持っていたんだけど、効かなかった。

  沢木耕太郎の「深夜特急」にも書いてあったような、日本から持って来たクスリが効かず、困っていたら、現地の薬を勧められ、飲んだら、それが効いたって…(うろ覚え^^;)

  かなり前から、体調整えて行くしかないのかも。

梅肉エキスを飲むとかね。

  話戻ります!

今回の旅の目的はガンジス川で沐浴をすること!

…だけ?

 
f:id:miwanotabi:20190210114213j:image


f:id:miwanotabi:20190210114248j:image

  旅猿って、ハンディカメラで撮ってるんだね。

 見にくいわけだ(笑)

カメラマンやないもんの言葉に納得です!

 やっとこさ、バスを降り(運転手さんのミスで目的地より、1キロ先で降ろされた)

ラクションと、爆竹の響き渡る喧騒の中へ。

  やっと、たどり着いた食堂、

カレー🍛を頼んだ2人に次々渡される料理



f:id:miwanotabi:20190211090002j:image

  料理が運ばれて来る度に2人の「ウェーイ!」

それが、了承の意味と、とったのか、お店の人から請求される頼んでいない数々の料理の代金。

  その前にも、50ルピー(¥150)で乗る約束して乗ったリキシャ。降りる時にはなぜか100ルピー請求されてた(笑)

  それらの事に怒る岡村

「ちょっと話し合いましょ!」

「料理のこともそうやし、さっきのことも(リキシャ)」

それに対して、東野が「だって、あの悲しそうな顔見たらー!」って。

えっ?そんなキャラだったっけ?と思ったり。

  そこで、奥貫さんの優しいナレーション。

「まぁまぁ、岡村さん、そんな事言わずに旅を楽しみましょうよぉ」

    旅猿ファーストインド編 

さらに、つづきます!